7
1 名前:記憶たどり。 ★:2018/07/10(火) 05:50:32.37 ID:CAP_USER9




1タイ北部の洞窟から出られなくなっている少年などの救出活動は9日、2日目を迎え、新たに4人が救出されました。救出活動にあたっている対策本部の責任者は、洞窟に残されている5人の救出を急ぐ考えを示しました。





タイ北部チェンライ県の洞窟では先月23日から地元サッカーチームの少年12人とコーチの合わせて13人が大量の水に阻まれて出られなくなっていましたが、8日、4人の少年が洞窟の外に助け出されたのに続き、9日、新たに4人が救出されました。





これで合わせて8人が無事に救出され、洞窟に残されているのは5人となりました。



(中略)


救出された少年たちの今後は





タイの主要メディアは、洞窟から助け出された少年たちは少なくとも5日間、病院で検査や治療を受ける見通しだと伝えています。





その後、9日間にわたってタイでは一般的な短期間の出家を行うということです。





これは、少年たちの行方がわからなくなり捜索が行われていた段階から家族が要望していたもので、今回の災難を受け、厄をはらうという意味合いもあるということです。





国民の90%以上が仏教を信仰しているタイでは、男子は一生に一度は出家することが望ましいとされ、短期間の出家を行い、仏教の教えを学ぶことが慣習の1つとなっています。





また、タイ政府が少年たちの回復を願って、一人ひとりに日本円でおよそ1万円の見舞金を支給するほか、少年たち全員に地元のプロサッカーチームの試合を生涯にわたって無料で観戦できる権利を与えると伝えています。



https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180710/k10011525721000.html
続きを読む