3
1 名前:水星虫 ★ :2017/10/15(日) 12:59:42.54 ID:CAP_USER9




1同性愛や性同一性障害などの多様な性について絵本や歌などを通して子どもたちにも知ってもらおうという催しが14日、神栖市で開かれました。









この催しは、同性愛や性同一性障害などを公表するカミングアウトした人を祝う10月11日の「世界カミングアウトデー」にあわせてみずからも同性愛者で性的マイノリティの人たちの支援活動を行っている神栖市在住の声楽家、河野陽介さんが開きました。









河野さんは参加した家族連れなどと一緒に、多様な生き方が表現されている童謡「私と小鳥と鈴と」などを歌ったり、多様な性をテーマにした絵本の朗読を行いました。このうち、「王さまと王さま」という絵本は、王さまと王さまが互いに愛し合って結婚するストーリーで、河野さんは、「男の人どうしが愛し合うこともあり、結婚できる国もあります」と話し、子どもたちに、「いろいろな人がいることを知ってください」と語りかけていました。









河野さんは、「小さい頃から、世の中にはいろんな人がいてみんな違っていいんだということを知ってもらいたい」と話していました。









この催しは今月17日にも、神栖市の中央図書館で開かれます。





http://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/20171015/1070000366.html
続きを読む