2
1 名前:(?∀?(⊃*⊂) ★:2018/02/08(木) 09:21:18.42 ID:CAP_USER9.net


12月は、春に入学を控えた子供の制服の注文や支払いが本格化するシーズンだ。東京都中央区に住む女性も、子どもの制服を買いに、デパートへ出向いた。





子どもが入学を予定している区立泰明小学校(和田利次校長)では、今春入学する1年生から、新しい標準服(制服)に切り替える。イタリアの高級ブランド「アルマーニ」に依頼してデザインを監修してもらったものだ。





洗い替えのシャツまでそろえると、全部で9万円だった。学校の説明によると、いまの標準服は、上着、長袖シャツ、ズボン、帽子をそろえて男子で1万7755円、女子で1万9277円。夏服が加わったこともあり、洗替えの価格を加えても、3倍以上の値上がりとみられる。子どもは身長120センチに満たないが、上着は130センチ、下は140センチのサイズを買った。





「大きすぎてかわいそうだと思ったけれど、高いので少しでも買い替えの回数を減らしたい。いまの制服と同じくらいの値段なら、本人のサイズにあったものを買ってあげられたのだけれど」





同小学校は、中央区の「特認校」の一つだ。銀座5丁目という繁華街の一角に校舎があり、今年で140周年を迎える。本来なら、公立学校は指定された通学区域に住む子どもが通うが、商業地域で住んでいる子どもが少ないなどの事情がある「特認校」は、区内全域から児童を受け入れている。






http://www.huffingtonpost.jp/2018/02/07/schooluniform_a_23355576/
続きを読む