2
1 名前:名無しさん@涙目です。(愛知県) [IN]:2017/11/26(日) 10:41:29.97 ID:M8/S45jW0


1来年度から京都学園大理事長に就任する精密小型モーター大手、日本電産(京都市南区)の永守重信会長兼社長が25日、同大京都太秦キャンパス(右京区)で講演会を行った。





永守氏は高校生や保護者ら約500人を前に、社会で求められる人材育成の重要性を強調し、将来的な付属高校設置も視野に「大事なのは学校教育だ」と述べた。





永守氏は「自らの未来を拓くために~高校生へのメッセージ~」というテーマで講演。日本電産に入社してくる新人社員が英語が話せなかったり、経済学部出身でも経済を理解していなかったりしたことなどを指摘し、「入社後に育てるのではなく、大学で教育して即戦力で入社してもらう必要がある」と説明した。





また、同社の採用試験では弁当を早く食べた学生から採用したことがあると明かし、「速く食べられる人は決断力や行動力が備わっており、仕事ができる人の条件は決断力と行動力だ」と語った。





永守氏は一貫して学校教育の重要性を主張。その上で高校や大学での教育に力を注ぐべきとし、「社会に出て競争で勝てるような人材を学校教育で育てないといけない」とした。





講演後に会見した永守氏は、優秀な学生を確保するために入試を厳しくする方針を表明。そのために一時、学生減少で経営が厳しくなった際には、自身の寄付で運営をまかなう意向を示した。






target="_blank">http://www.sankei.com/west/news/171126/wst1711260021-n1.html

続きを読む