6
1 名前:チンしたモヤシ ★:2018/12/12(水) 18:01:51.31 ID:CAP_USER9

WS001752脳喰いアメーバの恐怖は身近にあります。シアトルにいる68歳の女性が、水道水で鼻うがいをしていたことで脳を食べる珍しいアメーバを摂り込んでしまい、亡くなりました。



この件について、感染症国際ジャーナル「International Journal of Infectious Diseases」の新しいケース・スタディーで、このように記述されました。



「この感染症は当初、脳腫瘍として誤診されていました。疑いのある腫瘍を取り除く手術中、シアトルのスウェディッシュ・メディカル・センター神経外科医の執刀医チャールズ・コブズ医師は、脳の損傷の程度に驚き、さらなるテストのためサンプルを抽出しました」



●犯人はアメーバ



コブズ医師は、The Seattle Timesにてこの状況についてこう語っています。



「私がこの女性に手術をしたとき、脳のゴルフボール大ほどの部分が血まみれになっていたんです。
そこには脳細胞を食べるアメーバがそこら中に巣食っていたのですが、我々は最初それが何なのかわかりませんでした。



そこで組織を切り取って調べたら……アメーバだということが判明したのです。」



その後の生検レポートには、女性に寄生していたのは「バラミュージア・マンドリラリス(Balamuthia mandrillaris)」というアメーバだったことが示されました。この種の感染症は非常にまれですが、特にこの事件は、「鼻うがいからと思われる、Balamuthia mandrillaris脳感染の最初のケース」である、と珍しい事例として記載されたのでした。


https://www.gizmodo.jp/2018/12/rare-brain-eating-amoeba-kills-woman.html



続きを読む