6
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2019/12/21(土) 18:10:42.75 ID:o4uxpmVo9

picture_pc_18124e9bfa0a6607900eac7c42df322a日本人の平均身長は、明治時代からの栄養・衛生状態の改善により、ここ100年間で約15cm伸びています。しかし、その身長の伸びが近年止まってしまったどころか、逆に低身長化の傾向にあるという事実をご存じでしょうか?



厚労省「国民健康・栄養調査」のデータを基に、2005年以降の年代別平均身長の推移がこちらです。




https://d2l930y2yx77uc.cloudfront.net/production/uploads/images/16230486/picture_pc_18124e9bfa0a6607900eac7c42df322a.jpg



20-40代の男性の平均身長は、ほぼ170㎝を超えています。50代でも2017年にはじめて170㎝を突破しました。ですが、18-19歳男子の身長が直近2年連続低下し、170㎝に達しないという低身長化が見られます。いわば、50代のおっさんに10代の若者の身長が逆転されたということです。



文科省の「学校保健統計調査」から高校3年生である17歳男子の身長の変化を2005年と2018年とで比較したものが以下です。




https://d2l930y2yx77uc.cloudfront.net/production/uploads/images/16230585/picture_pc_f4883d823cd488652071ffe78e2a573d.jpg



明らかに、2018年の17歳の方が2005年の17歳より身長が低くなっていることがわかります。具体的には、155-170㎝台の身長が増え、171-186㎝台の身長が減っています。

https://comemo.nikkei.com/n/n41f7e39b07fd
続きを読む