2ちゃんねるまとめラッシュ - 「女の子の香りがする」ロート製薬デオコ 中年男性が殺到し、店頭から消える http://matome.rash.jp/story.php?title=%E3%80%8C%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90%E3%81%AE%E9%A6%99%E3%82%8A%E3%81%8C%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8D%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%88%E8%A3%BD%E8%96%AC%E3%83%87%E3%82%AA%E3%82%B3%E3%80%80%E4%B8%AD%E5%B9%B4%E7%94%B7%E6%80%A7%E3%81%8C%E6%AE%BA%E5%88%B0%E3%81%97%E3%80%81%E5%BA%97%E9%A0%AD%E3%81%8B%E3%82%89%E6%B6%88%E3%81%88%E3%82%8B 1 名前:名無しさん@涙目です。(長野県) [US]:2019/06/15(土) 07:59:47.83 ID:aN/saaOx0 Read More「身体はくたびれたおっさんなのに、目を閉じると若い女の子の匂いに包まれている」――。こんな奇妙な「変身」体験をつづったブログ記事が話題になっています。男性に女の子の香りを与えたモノの正体は、ロート製薬の販売するボディソープ「デオコ 薬用ボディクレンズ」です。本来は女性の「加齢臭」ケアを目的に開発された商品ですが、「男性でも女の子の香りをまとえる」とネット上で反響。ドラッグストアでの売り上げも急上昇しています。デオコを販売しているロート製薬に、どのような仕組みで「女の子」の香りを付加しているのか、話を聞きました。ドラッグストアからデオコが消えた?ロート製薬が「デオコ 薬用ボディクレンズ」(実勢価格1000円、税別)を発売したのは2018年3月。それから1年以上経ってネット上で話題に火がついたのは、あるブログ記事の投稿が発端でした。書評サイト「わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる」による「リアル君の名は。おっさんが女の子の匂いを買ってきて身につけたら、たまらない背徳感を味わえた」という強烈なタイトルの体験記事が公開されました。この記事がネット上で拡散されると、公開から1週間で「デオコ」という単語を含むツイートの数が約5000も増加。さらには、Amazonの売れ筋ランキングのボディソープカテゴリ1位に躍り出て、一時は各種オンライショップから在庫がなくなりました。調査会社True Dataの提供するPOSデータを見ると、ドラッグストアにおけるデオコ(詰め替えやお試し品を含む)の売り上げは、前述のブログ記事が公開された2019年5月20日週から急上昇しています。買い物客100万人当たりの売り上げを示す「買い物指数」は、5月27日週に過去最高を記録しました。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190614-00010002-moneyplus-bus_all続きを読む Sat, 15 Jun 2019 12:50:01 UTC en